木彫りの豆皿をつくろう

仏師・石原良定に「弟子入り」する。

仏師の工房で、直接指導を受けながら自分だけのオリジナル豆皿が制作。
蓮の花は仏教の象徴的な花として仏像の台座に使われてきました。
仏師にとって基本ともいえる蓮の花をかたどった、木の豆皿を作成します。
ここは職人の町。この建物も建具屋の工房でした。築五十年の時の流れを感じ、あたらしさも感じるデザイン。いたるところに建具屋のエッセンスを散りばめました。さらに彫刻家田中孝明の作品を展示。木の香りを感じ、職人のしごとに触れる宿。井波らしさを感じられます。

担当する「親方」


石原良定

仏師 / Buddhist Statue Artist

群馬県生まれ。高校卒業後3年間を海外で過ごしたのち、1995年富山県福光在住の仏師・砂田清定氏に師事、2006年井波にて独立。太田市学習文化センター(群馬)にて石原良定展、富山県伝統的工芸品展県知事賞等、展覧会及び受賞歴多数。

 ウェブサイト 

体験の流れ


9:00

工房集合。まずは井波彫刻や親方とのお話しでリラックス。

9:15

数種類の木地から、元になる形を選びます。

9:30

彫刻刀の使い方を教わりながら、制作開始。

10:30

お茶で一服。後半戦に備えましょう。

11:00

だんだんと完成形が見えてきます。

11:45

木を保護するために自然素材の柿渋か蜜蝋(みつろう)を塗ります。

12:00

体験終了

体験情報


  • 体験料金:お一人様10,000円(税込)
  • 最小催行人数:2名
  • 対象年齢:12歳以上
  • 工房:石原良定木彫刻工房(富山県南砺市山見1239-1)

注意事項


  • 10日前までのご予約が必要です。
  • ワークショップのみの開催はしておりません。
  • 安全には十分配慮しておりますが、切り傷等、怪我をされないよう注意してお楽しみ下さい。(消毒液、絆創膏等はご用意しております)
オンライン予約
Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google